憂国爺のひとり言

日米中の最新情報をお伝えして行きます

#三峡ダム#中国情報#北京#第19期#六中全会#開催❕党の歴史を総括する#歴史決議#審議❕

! #三峡ダム#世界最大船舶用エレベーター

www.youtube.com

f:id:akidgt:20210903065211p:plain

水位、流入量、放流量(出所、长江水利网)

f:id:akidgt:20211109082208p:plain

 f:id:akidgt:20210601052200p:plain


三峡ダム2017/10/16から2020/9/18までの水位 昨年の大洪水の際の水位が如何に高かったが分かります。 

f:id:akidgt:20210531124417p:plain


 f:id:akidgt:20210623175247p:plain
11月09日

f:id:akidgt:20211109082337p:plain

f:id:akidgt:20211109082358p:plain24時間の降雨量。

中国情報

党の歴史を総括する#歴史決議#審議❕

中国共産党は8日、北京で第19期中央委員会第6回全体会議(六中全会)を開いた。この会議では、今までの党の歴史を総括する「歴史決議」が審議される。来年の党大会で3期目を狙う習近平総書記の下で採択される予定の同決議は、共産党内では3回目で、習氏の権威を高める意図がある。仏メディアは、中国当局は習近平氏を「神格化」していると強く批判した。

会議は11日までの4日間で行われる。中国国営新華社通信は6、7日、2日連続で評論記事を発表した。官製メディアは習近平総書記を党の「偉大な」指導者と称賛し、反腐敗キャンペーンなどを含め、2012年に党の最高指導者になった同氏の「政治的成果」を挙げ、習近平氏は中国と中国共産党を導く「パイロットだ」と称えた。

新華社通信は、習近平政権はこの9年間において、反腐敗運動を通じて、400人余りの省レベル以上の高官を摘発したとした。

過去、「歴史決議」は毛沢東、鄧小平の時代に2回採択されました。

周近平総書記は、この会議で両氏に続き、最高指導者としての地位を確立させる意向を固めています。

#不動産開発大手#佳兆業集団 #香港株式市場#売買停止❕ 

中国不動産開発大手、佳兆業集団は4日、同社の保証が付く理財商品の支払いを実行できなかったと発表した。5日の香港株式市場では、同社と子会社3社の株式売買が停止した。

佳兆業集団は声明の中で「今年以来、不動産市場の厳しい環境や国際格付け会社による信用の引き下げなどの影響で、流動性が前例のない圧力に直面している」と説明した。同社と理財商品の発行企業である錦恒財富は今後、返済計画を策定するとした。

中国紙・毎日経済新聞は佳兆業集団の公開データを引用し、満期を迎えた理財商品の未払い金額は3億元(約54億円)で、理財商品の資産規模は127億元(約2257億円)と報じた。

また、中国の複数のメディアによると、佳兆業集団理財商品の支払いを実行できなかったと知った投資家数百人は、広東省深セン市にある同社の本社に集まり、抗議を行った。

www.epochtimes.jp

#北京の#日本人学校に嫌がらせ#児童安全確保へ#警戒態勢❕

中国のインターネット上で、日本人学校の数が多いと問題視する文章が出回り、北京の日本人学校に嫌がらせとみられる電話が相次いでいることが4日、分かった。 北京日本人学校は「危機感を持ち、児童生徒の安全のため警戒態勢を敷いて対応する」と保護者に周知した。
在中国の日本大使館は中国の公安、外交両当局に「邦人保護、子どもの安全確保のための適切な措置」を取るよう要請した。
詳しくは、下記URLをご覧下さい。

news.yahoo.co.jp

 中国に何時までも未練を残していると。企業だけでなく、駐在員及びその家族まで危害が及びかねませんので遅まきながらでも撤収しないと取り返しがつかなくなってしまいます。
  私も、中国滞在中にあらぬ疑いをかけられ、突然パトカーに乗せられ、公安署内で尋問を受けました。 いま、中国では密告が奨励され、報奨金迄出しています。

# コロナ感染拡大#市民に日用品「備蓄」要請❕

  中国商務省は1日、国内での新型コロナウイルスの感染拡大を受け規制が強化される中、市民に生活必需品の備蓄を呼び掛けた。当局に対しては、食料供給が滞らないよう対策を指示した。

 商務省は1日夜の通知で、市民に平時と緊急時に必要となる日用品を備蓄するよう要請した。この中で、食料不足の恐れや新型コロナ対策による供給網への影響、ロックダウン(都市封鎖)で食料が買えなくなる可能性については触れていない。中国は国境封鎖やロックダウン、長期間の隔離などの対策で感染者数を比較的抑えてきた。しかし、来年2月4日の北京冬季五輪開幕まで100日を切る中、感染拡大の封じ込めに躍起になっており、規制を強化している。また、商務省は関係当局に対し、農作物の生産促進、円滑な供給網の維持、地域ごとの適切な食料備蓄、価格の安定化を指示した。
詳しくは、下記URLをご覧下さい。

 石炭、石油などのエネルギー不足に起因する電力不足。過度の地下水くみ上げによる、地下水汚染。
そして昨年来から続く洪水の多発による穀類野菜の収穫減に伴う食料品の値上げ。
これらの要因が重なり、中国は今やハイパーインフレに直面しています。
富裕層はともかく、貧困層はどうやって備蓄すればよいのでしょう。

日本一周航海、中露艦隊❕

 日本の海で前例のない事態が発生しています。防衛省は23日中国とロシアの海軍駆逐艦など合計10隻が22日日本の鹿児島県大隅海峡を通り東シナ海に向かったと発表しました。
中露艦艇がどう海峡を通過するのは初めてのことです。フリゲート艦やミサイル駆逐艦からなる10隻の中ロ艦隊は、津軽海峡を18日に通過し伊豆諸島を経由して日本の太平洋側を航行しました。中国のミサイル駆逐艦は、23日午前10時頃長崎県男女群島の南南東約130 km の海域で艦載ヘリコプターの発着艦を行った為、航空自衛隊は戦闘機を緊急発進させました。中露艦隊はいずれも公悔上を通過しており領海侵入はありません。

同艦隊は大隅海峡を通過し東シナ海へと進みました。

中国国防部及びロシア国防省は23日中国軍とロシア軍が17日から23日までに西太平洋で合同パトロールを実施したと発表しました。

 前例のない事態が発生するなか、日本戦略研究フォーラムの上級研究員であるグラント・ニューシャム氏は大紀元の取材に対し「自衛隊は本気でやってくる相手との戦争に必要な能力をまだ備えていない」と述べました。
又、ニューシャム氏は「日本には共同作戦を指揮する日米合同司令部もまだ設置されていない。日米の連携は海上自衛隊など一部に限定されており、地上部隊の相互運用能力はとぼし台湾で何かが起こった場合の共同作戦計画もない。」と指摘しました。

詳しくは、下記URLをご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=sv-BV1qMFhY

f:id:akidgt:20211103073905p:plain

f:id:akidgt:20211103073920p:plain


#北京まで射程範囲のミサイル発射、印度実験成功

 中共とインドの間に緊張が走る中、インド政府は10月27日夜核搭載可能な大陸間弾道ミサイルアグニ5の発射実験に成功したと発表しました。
インド国防省の発表によるとアグニ5は極めて高い精度で5000 km 離れた目標を攻撃できるといいます。インドの首都ニューデリーから北京までの距離は約3800キロであるためアグニ5の配備により同ミサイルは中国の主要都市のほとんどを攻撃できる能力があることを意味しています。
 インドの戦略専門家であるグアラブ・アリア少佐は実際の射程は極秘だが8000 km 以上であることは間違いないと考えています。Arya氏はこのミサイルはインドから北京への強力なメッセージだと指摘しています。さらにインドはかつて中共に道理を話そうとしたが、中共は礼儀や外交の言葉をわきまえておらず、権力者の言葉だけを理解していたと語りました。

 中共軍が東風41のような射程12,000~15,000キロのミサイルを保有していることを受けてインドは中共当局に対する核抑止力を強化する狙いがあるとみられます。

インドは現在音速の6倍の速さで飛行しミサイル防衛システムを通過する超音速兵器の開発を進めています 。
詳しくは下記URLをご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=r7gtzShRk4E&t=420s

f:id:akidgt:20211102010831p:plain



中国、深刻なチップ不足 闇市場で数百倍に高騰❕

世界的な半導体チップ不足が、中国自動車企業に直撃している。中国メディアによると、闇市場での取引価格は通常価格の数十~数百倍にまで高騰しているという。

中国紙「毎日経済新聞」28日付は、電子部品が豊富に揃う上海の中心地にある「上海賽格電子市場」が現在、深刻な半導体不足に直面していると報じた。
詳しくは下記URLをご覧下さい。

石炭不足、電力不足、そしてチップ不足、ハイパーインフレが食料品からチップに至るまで深刻になって来ました。

中国でガス爆発事故、水漏れが頻発する訳!

最近、中国でガス爆発事故、天井からの水漏れが頻発していますが、その原因は鉛管の品質と日頃の管理、保守整備の不足が大きな要因の一つに挙げられます。 建造物を作るときは利権が発生しますが、保守整備には金を惜しみますので、寿命が大変短いのです。 この様な発想は、建造物だけでは有りません。
私は、中国で、新築の集合住宅に住んでいましたが、3年足らずで天井から水漏れ、原因は鉛管のクラックでした。

中共による台湾進攻シュレーション❕
台湾海峡をめぐる米中衝突のリスクが高まるなか、米シンクタンクは26日、中国共産党による台湾侵攻を想定した机上の模擬戦争(ウォーゲーム)を実施した。分析によれば、台湾の南東にある東沙諸島プラタス諸島)を中国に占拠された場合、再び島を台湾に戻すことは極めて難しいという。

東沙諸島は南シナ海の海上交通路に差し掛かる位置にあることから、中国共産党はかねて入手を試みると想定されてきた。東沙諸島台湾の施政下にあり、台湾軍兵士500人が駐留する。

模擬戦争を実施した外交安保シンクタンク・新アメリカ安全保障センター(CNAS)は結果を受けて、侵攻が起こるのを未然に防ぐことが最も重要だと結論づけている。台湾と米国は特に、中国の行動の抑止には日本の関与が不可欠だと指摘する。

日本の関与への期待は、中国が絡む他の紛争リスクを抑え込む成功例になりうるためだ。もし、「日本が台湾支持をはっきりさせないなら、中国軍撤退を呼びかける努力の効果も損なわれる」。また、台湾侵攻が実施されてしまえば「日本の領土を含むほかの紛争においても、中国による歯止めの効かない攻撃を許す前例となりかねない」と警告を発した。

詳しくは下記URLをご覧下さい。

www.epochtimes.jp

中国富豪番付、首位はワクチン開発企業経営者 恒大トップは後退❕

中国の民間調査機関、胡潤研究院が27日発表した今年の中国富豪100人のランキング首位は、経営する新型コロナウイルスワクチン開発の製薬会社北京万泰生物薬業と飲料水大手、農夫山泉の上場2社の株価が値上がりしたショウ・センセン氏だった。個人資産は606億ドル(約6兆9000億円)。 昨年まで3年連続首位だった電子商取引大手アリババグループの創業者、馬雲(ジャック・マー)氏は5位に後退した。傘下の金融会社アント・グループの上場延期や、独占禁止法違反で過去最大規模の罰金が科されたことなどが響いた。 経営危機の中国恒大集団の許家印(キョ・カイン)主席も順位が下がった。許氏の純資産は前年から約70%減の約113億ドル。同氏以外も不動産関連は軒並み順位を大きく下げた。胡潤によると、1999年にランキングをまとめ始めて以来、不動産開発業者が上位10人にまったく入らなかったのは初めて。

news.yahoo.co.jp

ブルームバーグ・ニュースによると、中国政府は経営危機に陥っている不動産大手、中国恒大集団の創業者に対し、個人資産で債務を返済するよう求めた。

如何にも中国的債務返済方法ですね、地方政府が債務不履行に陥った時、中央政府が同様の事態になった際には、如何するのでしょうかね?