憂国爺のひとり言

日米中の最新情報をお伝えして行きます

#三峡ダム#連日水位上昇173.73m#中国情報#中国の財政赤字#急拡大#地方政府も中央政府も苦しむ❕

 #三峡ダム#世界最大船舶用エレベーター

www.youtube.com

f:id:akidgt:20210903065211p:plain

水位、流入量、放流量(出所、长江水利网)

 10月19日の04時00分現在の三峡ダムの水位は173.73入水量記録無し、放出量は13,500立方メーターです。
f:id:akidgt:20211017033844p:plainf:id:akidgt:20211018084545p:plainf:id:akidgt:20211019060143p:plain

 f:id:akidgt:20210601052200p:plain


三峡ダム2017/10/16から2020/9/18までの水位 昨年の大洪水の際の水位が如何に高かったが分かります。 

f:id:akidgt:20210531124417p:plain


 f:id:akidgt:20210623175247p:plain
10月19日

f:id:akidgt:20211019060428p:plain

f:id:akidgt:20211019060452p:plain直近24時間の降雨量。

中国情報

 #中国の財政赤字#急拡大#地方政府も中央政府も苦しむ❕

財政政策報告2021によると中共は今年約4.7兆元(約81兆円)の財政赤字を出し、今後数年間財政収支の差は年々拡大し2025年には10.7兆元(約186兆円)に達すると予測されています。
 現在の中国の経済状況は非常に深刻であり各級政府に対する財政的な圧力も増大することになるでしょう。
では、中共はこの深刻な財政収支の矛盾をどのように解決するのでしょうか。
 過去10年間、中国の一般会計予算は経済成長の鈍化により、基本的に二桁の高成長に別れを告げた一方で、財政支出は年々増加しており、2015年以降財政収入と支出のギャップが急速に拡大しています。特に昨年は疫病の影響で財政赤字が過去最高の6兆2700億元約(108兆円)に達しました。財科院の報告書によると、第14次五カ年計画期間中の中国の経済成長率は約5%にとどまり、これを前提とすると一般会計予算収入の伸び率は年々鈍化し平均約6%になると予測されています。しかし一般会計予算の固定支出は減らず平均伸び率は7.5%以上を維持します。その結果として、今後数年間は財政赤字はますます拡大するでしょう。昨年初め中共の劉昆財政部長は歳入の減少と歳出の増加を迫られる中で、今後しばらくは財政状況がギリギリのバランスになると述べた記事を発表しました。

昨年末には楼継偉元財務大臣も疫病の影響や潜在的な経済成長率の低下、世界的な景気後退の影響などにより財政難は目先の短期的な問題にとどまらず、中期的にも非常に厳しいものになるだろうと言及していました。今年上半期一般会計の収入と支出の差だけを計算すると中国の31の省及び市の中で上海だけが総額9402.6億(約1兆6000億円)の財政黒字となっており他の30の省及び市は収入が支出を上回っていません。その中で河南省四川省雲南省などは何も2500億元(約4兆3000円億円)以上の財政赤字となっています。また、このデータによると2021年上半期に財政自給率が50%を超えていたのは31の省都市のうち14の省都市に届まっています。上海の自給率は124.88%と最も高く次いで浙江、北京、天津と続き新疆、黒龍、甘粛、青海、チベットは何も自給率が30%を下回っています。これらの数字は中国の地方財政は全体的に自給自足ではなく地方の収入のかなりの部分が中央政府の支援によるものであることを示しています。

 この支援資金は中央から地方への一般公共予算の移転と呼ばれます。2020年は中央政府から地方への移転支出が中央政府の予算支出の70%を占めました。 

詳しくは下記URLをご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=d_JmWi2e37o

少し前に中国財政科学研究院(財科院)が発表した『中国財政政策報告(2021)』によると、中共は今年、約4.7兆元(約81兆円)の財政赤字を出し、今後数年間、財政収支の差は年々拡大し、2025年には10.7 兆元(約186兆円)に達すると予測されています。

 

#金に操られる#主流メディア#あなたの#思考を操作する#数十億ドルの#契約❕

米国の主流メディアは中共に買収されています。
数十年にわたり21世紀最大と言える人道に対する犯罪を隠してきました。
米国のメディアの9割は6社に所有されており、その6社は中共と深いビジネス関係にあります。
例えばディズニーはABCとESPNを所有しており、55億ドルで中国にテーマパークを開設したところです。
2010年ディズニーのボブ・アイガー会長は中国中央宣伝部の大臣と会合し中共のプロパガンダをディズニーを媒体に世界に広めると約束しました。
CNNの親会社ワーナー・メディアは5千万ドルでCMC( China Media Capital)と提携、CMCは中共の管理下にあります。
NBCユニバーサルはMSNBCとNBCを運営しています。
2010年NBCは中共の機関紙新華社と国際報道の提携関係を確立しました。
NBCユニバーサルは中国のメディア事業にも38億ドル投資しています。
FBIは中共を米国最大の長期的な脅威としていますが、最近のツイッターでNBCは中共を盟友と呼んでいます。
紙媒体も同様に妥協しています。
億万長者のオーナーたちが中共と深いビジネス関係にあるのです。
例えばNYタイムズの筆頭株主はメキシコの富豪カルロス・スリム氏です。
彼の投資先は自動車からハイテクに至る中共管理の企業で資産のかなりを占めます。
アマゾンの最高責任者ジェフ・ベソス氏はワシントンポスト紙を2億5千万ドルで購入、中国の官営工場で製造されたアマゾン製品の販売と並行してアマゾンの事業を中国に拡張する意向で、中国市場での業務展開にアマゾンは適すると発言。ワシントンポスト紙の広告から彼と中共の繋がりは明白です。
広告紙チャイナ・ウオッチが折り込まれていますが、これは中共のプロパガンダ紙チャイナ・デイリーが作成したもので、過去数年折り込み広告のためにワシントンポスト紙、ウォールストリート・ジャーナル紙、NYタイムズ紙にほぼ1900万ドルが支払われてきました。
さらに、米司法省の外国代理人登録法FARAの最近の報告書は決定的な情報を公開しています。
中共と連携する在米グループ影響力があると見定めたメディア機関やジャーナリストを対象にプリベイト・ディナーや中国への旅行を手配している。
中国に好意的な報道を多く発信させることが目的です。
おかげで親中報道が数百本配信されました。
メディア機関の一部として、ABC、NBC、AP通信、ブルームバーグ、CNN、CNBC、
MSNBC、NYタイムズ、ニューズウイーク、NPR、ハフィントンポスト、アトランテック、ファイナンシャル・タイムズ、USA Today、エコノミスト、タイム、ワシントンポスト、ウォールストリート・ジャーナルなど無尽に挙げられます。
人道に対する犯罪の隠ぺいとどう関係するのでしょうか?
20年以上にわたりアムネスティー・インターナショナルや国連などの人権擁護団体が精神修養法法輪功を実践する市民が国家政府により非人間化・拷問・殺害されてきたことを報告しています。

詳しくは下記URLをご覧下さい。

www.ntdtv.jp

これは米国だけの問題ではありません。日本でも同じ様なことが行われているのでしょうが、残念ながら日本には敢然と主流メディアに立ち向かう主流メディアがありません。

SNS迄規制を受け、言いたいことも、言えなくなって来ました。

世界のドル建てディストレスト債、ほぼ半分が中国不動産セクター

各国・地域の中央銀行が講じた金融緩和で不安の多くが取り除かれた世界の債券市場にあって、中国不動産開発会社のトラブルが際立っている。

  ブルームバーグが12日にまとめたデータによると、ディストレスト水準で取引されているドル建て債1390億ドル(約15兆7900億円)のうち、46%が中国不動産セクターの社債だ。利回りがベンチマーク金利を10ポイント以上上回る債券は、ディストレスト債と見なされる。

中国不動産セクターでは債務返済圧力が高まりデフォルト(債務不履行)が増えていることから懸念が広がっており、中国の発行体による投資不適格級(ジャンク)格付けのドル建て債は、利回りが約10年ぶり高水準に達している。

  業界大手の中国恒大集団が先月、社債利払いを怠り、続いて花様年控股集団(ファンタジア・ホールディングス・グループ)が予想外のデフォルトに陥った。新力控股集団は、今月18日に期限を迎える社債を償還できるとは見込んでいないと発表した。
詳しくは下記URLをご覧下さい。 すでに中共は、自国債権以外の債権は救済しない意向と報じられていましたので、ドル建て債券は踏み倒すかもしれません。 
 バブル崩壊が不動産関連企業に止まるとはとても思えません❕
米国はどう対処するのでしょう❓
 不動産バブルは中国国内の問題と呑気に構えるむきもあるようですが、そうも言っていられなくなりました。

バブル崩壊から台湾侵攻へ、中国が描きかねない悪夢の

シナリオ❕

 中国の不動産大手である恒大集団が崖っぷちに立たされている。9月23日と29日にドル建て社債の利息の支払いを見送ったとされ、中国では30日間の猶予があるとされるが、デフォルトは避けられないと思われる。  中国政府はこの問題にどのように対処するのであろうか。それを考える一助として戸籍制度が作り出した中国の分断について説明したい。 現在の中国の勝ち組とは  中国人は都市戸籍を持つ人と農民戸籍を持つ人に二分されている。原則として農民戸籍を持つ者は都市に住居を持つことはできない。このことは日本でもよく知られているが、実は、地方都市の戸籍を持っていた人が北京や上海などの大都会に移り住んでも、マンションを購入することは現実的には困難だ。もし購入しようと思えば、北京や上海などで働いてかなりの額の税金を納める必要がある。それには、高収入の職を得たとしても、10年程度の時間が必要と言われる。  中国は大都市に不動産を所有する階層と持っていない階層に分断されている。現在、中国政府は都市人口を8.5億人、農村人口を6.5億人としており、都市人口は全人口の61%である。だが中国が改革開放路線に転じた1978年の時点では、人口が9.6億人であるのに対して都市人口は1.7億人に過ぎなかった。その割合は18%である。

 農村から都市への人口移動は改革開放路線に転じた以降に生じた現象だが、78年の時点で都市戸籍を持っていた人々とその子供たちが、現在の中国で勝ち組になった。それは経済が発展し始めた早い時期に住宅を購入することができたからに他ならない。90年代においても不動産は高価であったが、それでも庶民がローンを組んでなんとか購入できる水準にあった。ところが21世紀に入ると不動産はさらに高騰して、大都市のマンションは庶民には到底手が届かない存在になってしまった。 

詳しくは下記URLをご覧下さい。

 中国人は都市戸籍を持つ人と農民戸籍を持つ人に二分されています。原則として農民戸籍を持つ者は都市に住居を持つことが実質できないばかりでなく、給与、待遇あらゆる面で冷遇されており社会の分断化は目に余るものがあります。

石炭生産地の山西省、大雨で60カ所の炭鉱が操業停止

中国の石炭主要生産地である山西省では、2~6日にかけて記録的な大雨に見舞われた。この影響で、省内の60カ所の炭鉱が操業を停止した。中国各地で問題となっている石炭不足に拍車をかけている。

山西省当局によると、季節外れの大雨で一部の地域では深刻な洪水が発生した。省応急管理庁は10日、豪雨で「省内の11市と76県の175万7100人が被災し、12万人以上が避難した」と発表した。倒壊家屋は1万7000戸以上だという。

山西省は中国屈指の石炭生産地である。中国国家統計局の統計では、2020年の中国国内の石炭生産総量は38億4000万トン。そのうち、山西省で生産された石炭は10億6300万トンと、全体の25%以上を占める。今年1月末時点で、同省には670カ所の炭鉱があるという。

中国メディア「時代週報」などによると、今回の大雨の影響で、8日時点では、省内の60カ所の炭鉱が操業を中止した。石炭生産業界のアナリスト、黄騰氏は「時代週報」の取材に対し、山西省の炭鉱が生産停止したことで、国内の石炭不足はさらに深刻化する恐れがあると述べた。

石炭不足が要因となっている中国各地の電力不足は、当面回避できないのでは。

山西省で豪雨、15人死亡 降水量、平年の20倍超も 

今月に入って記録的豪雨に見舞われている中国山西省の当局は12日の記者会見で、これまでに15人が死亡、3人が行方不明になっていることを明らかにした。 175万人以上が被災し、約2万戸の家屋が倒壊、直接的な経済損失は50億元(約877億円)を超えた。大雨の被害は西隣の陝西省でも広がっている。

 今年は、降雨をもたらす停滞前線が昨年より北に移動しており、黄河流域の地域が昨年に引き続き洪水に見舞われています。

金に操られる主流メディア―あなたの思考を操作する数十億ドルの契約

米国の主流メディアは中共に買収されています。
数十年にわたり21世紀最大と言える人道に対する犯罪を隠してきました。
米国のメディアの9割は6社に所有されており、その6社は中共と深いビジネス関係にあります。
例えばディズニーはABCとESPNを所有しており、55億ドルで中国にテーマパークを開設したところです。
2010年ディズニーのボブ・アイガー会長は中国中央宣伝部の大臣と会合し中共のプロパガンダをディズニーを媒体に世界に広めると約束しました。
CNNの親会社ワーナー・メディアは5千万ドルでCMC( China Media Capital)と提携、CMCは中共の管理下にあります。
NBCユニバーサルはMSNBCとNBCを運営しています。
2010年NBCは中共の機関紙新華社と国際報道の提携関係を確立しました。
NBCユニバーサルは中国のメディア事業にも38億ドル投資しています。
FBIは中共を米国最大の長期的な脅威としていますが、最近のツイッターでNBCは中共を盟友と呼んでいます。
紙媒体も同様に妥協しています。
億万長者のオーナーたちが中共と深いビジネス関係にあるのです。
例えばNYタイムズの筆頭株主はメキシコの富豪カルロス・スリム氏です。
彼の投資先は自動車からハイテクに至る中共管理の企業で資産のかなりを占めます。
アマゾンの最高責任者ジェフ・ベソス氏はワシントンポスト紙を2億5千万ドルで購入、中国の官営工場で製造されたアマゾン製品の販売と並行してアマゾンの事業を中国に拡張する意向で、中国市場での業務展開にアマゾンは適すると発言。ワシントンポスト紙の広告から彼と中共の繋がりは明白です。
広告紙チャイナ・ウオッチが折り込まれていますが、これは中共のプロパガンダ紙チャイナ・デイリーが作成したもので、過去数年折り込み広告のためにワシントンポスト紙、ウォールストリート・ジャーナル紙、NYタイムズ紙にほぼ1900万ドルが支払われてきました。
さらに、米司法省の外国代理人登録法FARAの最近の報告書は決定的な情報を公開しています。
中共と連携する在米グループ影響力があると見定めたメディア機関やジャーナリストを対象にプリベイト・ディナーや中国への旅行を手配している。
中国に好意的な報道を多く発信させることが目的です。
おかげで親中報道が数百本配信されました。
メディア機関の一部として、ABC、NBC、AP通信、ブルームバーグ、CNN、CNBC、
MSNBC、NYタイムズ、ニューズウイーク、NPR、ハフィントンポスト、アトランテック、ファイナンシャル・タイムズ、USA Today、エコノミスト、タイム、ワシントンポスト、ウォールストリート・ジャーナルなど無尽に挙げられます。
人道に対する犯罪の隠ぺいとどう関係するのでしょうか?
20年以上にわたりアムネスティー・インターナショナルや国連などの人権擁護団体が精神修養法法輪功を実践する市民が国家政府により非人間化・拷問・殺害されてきたことを報告しています。

詳しくは下記URLをご覧下さい。

悪を助長する事に貢献しないで下さい❕

これは米国だけの問題ではありません。日本でも同じ様なことが行われているのでしょうが、残念ながら敢然と主流メディアに立ち向かう報道機関がありません。

youtube等SNS迄規制を受け、真実を伝える事さえ難しくなってしまいました。

#台湾#北京に#挑発行為の放棄を要求❕

台湾の建国記念日の前日に行われたこの演説で、習近平氏は主に台湾における共産党政権の指導の必要性を強調し、台湾の独立は中国共産党の政策目標である「祖国の統一に対する最大の障害」であり、「国家の再興に対する重大で隠れた危険だ」と主張した。

 

財政破綻 中国都市の債務比率500%

   10月5日中国共産党中共メディアの数拠宝とテンセントファイナンスが共同で中国の86都市の債務比率と負債比率を分析した都市負債比率ランキングを発表しました。債務規模の大きさを測るために用いられる債務比率ですが、2020年に債務比率が500%を超えた都市が12あり、そのうち貴州省貴陽市政府の債務比率は929%黒竜江省ハルビン市政府の債務比率は764%となっています。

 負債比率は経済規模が債務を受け持つ能力を表しますが天津の負債比率は79.29%と最も高く深圳の負債比率は6.85%と最も低くなっています。
 アメリカサウスカロライナ大学 エイケン校ビジネススクールの謝田教授は地方政府の債務比率の高さは中共政府全体の債務比率や負債比率に関係していると指摘しています。中共の公式統計によると2021年上半期中国の31の省市の中で財政黒字を記録したのは上海だけで、他の30省市は支出を賄う事が出来ませんでした。

詳しくは下記URLをご覧下さい

https://www.youtube.com/watch?v=wksdqswTvtg

f:id:akidgt:20211010214733p:plain

f:id:akidgt:20211010214801p:plain

山西省で土砂災害多発、鉄道が宙吊り

☆今年は、停滞前線が北に移動しているため、中国北部での洪水が多発しています。河南省は今年、度々洪水に見舞われています。

#黄河第3号洪水が発生# 当局の全開放水で再び#河南省が被災❕

5日に黄河中流域で発生した「2021年黄河洪水第3号」は、そのまま下流に向かい、7日には河南省を通過しました。流量が毎秒8360立方メートルに達し、1979年以来の大規模な洪水となり、再び記録を更新しました。大石を満載した大型トラックが大量に待機しているという情報や、当局が食糧を使って洪水を防いでいるという噂もあります。

詳しくは下記URLをご覧下さい

https://www.youtube.com/watch?v=P5BEuMKPLxM

f:id:akidgt:20211009032136p:plain

f:id:akidgt:20211009032201p:plain

中国不動産開発の花様年、債務を返済できず 恒大以外にも危機波及の懸念

香港(CNN Business) 高級集合住宅を手掛ける中国の不動産開発会社、花様年控股集団は今週、計3億1500万ドル(約350億円)の債務の支払いができなかった。肥大化した中国不動産業界において、経営難の中国恒大集団以外にも財務のひっ迫が広がっているとの懸念が高まっている。 深センに拠点を置く花様年は証券取引所への声明で、4日に償還期限を迎えた2億600万ドル規模の社債を償還できなかったと説明。現在は「グループの財務状況や現金ポジションに影響が出る可能性」を見極めているところだと明かした。 これとは別に、売り上げベースで恒大に次ぐ国内2位の不動産開発会社、碧桂園の不動産管理子会社も、花様年が約7億元(約120億円)の融資を返済できなかったことを明らかにした。

詳しくは、下記URLをご覧下さい


 共同富裕という政策を推進している中国に有って、今回の恒大の危機の対処の仕方を見てみましょう!
中共は、まず第一に国有銀行や金融機関の貸付金はまず保護します。
第二に社会保障基金などの大型国有機関が抱える債務を腐らせてはならないので、彼らが買った債権や理財商品の資本の一部が戻ってくるでしょう。
しかし、自発的または非自発的に理財商品を購入した一般の人々や従業員は最も多くの物を失うでしょう!
 中国不動産業界のドミノ倒しが現実のもとなりつつあり、これが金融機関まで波及するか注目が集まっています。